下廻りサビ止め塗装

サビの恐怖!

写真 写真はお客様の車の下廻りです。 フレームが虫食いのように腐食しました。ここまでくると危険レベルです! 詳細はこうです。 日光地区にお住まいで毎日、通勤の為、日光宇都宮有料道路を使用していました。ここの有料道路は交通量が少なく、そして凍結しやすいので冬はスリップ防止の為、凍結防止剤をびっしりと散布するそうです。 (恐)
「自宅に戻って下廻りを水で洗浄すれば良いのですが毎日のことですからねえ、なかなか。」とおっしゃっていました。(*お客様の承諾を得て掲載させて頂き、現在は別な車に乗り換えて頂きました。)

塩害対策長期防錆剤 クリアタイプ 新車に塗装

写真 栃木県の県北では冬の道路のスリップ防止の為、凍結防止剤を散布します、これがサビの原因です。(詳しくはHP内の「7月から12月 知っ得!10月号」みてね!) サビを防ぐ為、ここでスリーボンド製の超強力防錆剤(サビ止め)の登場です。こ防錆剤スリーラスターは非常に強力で長期にわたりサビから車を守ります。
色はブラック、シルバー、クリアの3色です。新車には色が付いていないクリアータイプが適しています。 ここで疑問? 新車にはサビ止めってされてないの?はい、金属に最低限の塗装がされているだけです。
 

ボディーコーティングと下廻り塗装で完璧!

写真 ほとんどの方が新車購入時にボディーコーティングは薦められて施工しますが下廻り塗装の話しはありません。 必要ないからではなく車販売店の環境が整わないからです。床が汚れる、ミストが他の新車に付着したら・・そんなリスクがあるんだったら販売はやめようと。 表面はピカピカ裏サビサビって・・  スキーやスノボなどウインタースポーツをする方や県北の方、また海、温泉地に良く行く方は下回り塗装は必要だと思います。

新車 ボディー全体を養生

写真 作業工程に入ります。ボディー全体をボディーカバーで養生します。 塗装のミストが付着しないようにしっかりと養生します。 新車時は汚れが付着していませんのサビ止め剤の密着が良いです。

強力な溶剤の為 環境に注意!

写真 塗装には環境に留意しゴーグル、有機溶剤マスク、手袋等を着用します。 エンジンルーム下、サスペンションなど下廻りをまんべんなく乾燥させながら重ね塗りします。 透明なクリアー色を塗っておりますので見た目は分かりません。
 

新車購入は他でも下廻り塗装はお任せください!

写真 山崎モータースは何気に広いので他の車にミストがかかることもありませんし下廻り塗装をするには良い環境が整っております。 新車購入は他でも下廻り塗装は山崎モータースにお任せください。(笑)

お手入れ次第で長持ち!

写真 山ちゃんがオークションで車を買う時、下廻りにサビがある車は一番最初にパス。 当たり前にサビが出てしまう雪国と違ってギリギリ凍結防止剤をまかない鹿沼はサビに敏感です。 サビ止め塗装しても手入れは必要です。スキーに行ったら下廻りをホースで水掛け。水で凍結防止剤を落とすことでサビから車を守ります。 常に凍結防止剤をまいている県北では車検ごとにサビ止め塗装されていればサビの進行を遅らせることができます。

施工料金

写真 新車施工料金は軽自動車 38000円 5ナンバー乗用車 43000円
 3ナンバー48000円 大型ワゴン・RV 58000円
車を足元から守る、いかがですか?