車内クリーニング コツ

とにかく掃除機

写真 メカニックの玉ちゃんの内装クリーニングを実況中継します!作業時間は丸一日です。車内クリーニングの基本は掃除機です。 100円ショップで売っている布団たたきでシートを叩き掃除機で吸い取ります。気持ち良い位ホコリがでますよ。 

シートレール付近 最初にやっ得

写真 シートレールの汚れはブラシを使ったり固く絞ったタオルでふき取ったりして落とします。シート座席を前にスライドさせると掃除しやすくなります。(外れるプラスティックのレールカバー等は水洗いを) 

ドア開閉部 最初にやっ得

写真 車内掃除の出来栄えは、いかに細かい所がキレイになっているか、にかかっています。最初にドア開閉部やドアの付け根、ポケット等を清掃しましょう! 後になると面倒になってしまいます。

シートの汚れ

写真 シートの汚れやシミはすぐに対策しないと落ちにくくなります。落とし方は、お湯で絞ったタオルを押し当てて根気よく吸わせる方法が良いです。(こすってしまうとシミが広がってしまいます。また溶剤を使い過ぎると逆にシミになります) 

ケルヒャールームクリーニング

写真 掃除機で有名なケルヒャーの車内専用クリーイング機を使っての作業です。水を吐き出しながら吸い取る物で汚れがよく取れます。特に天井やシート部には威力を発揮します。ケルヒャーの透明な容器に吸い取った汚れた水が沢山見えます。

シート汚れ取り

写真 ケルヒャーとアルカリ洗剤を使ってシミを落とします。かなりキレイになりました! アルカリ洗剤は手袋しないと手が荒れます、強力なので、あまりお奨めしません。

天井の汚れ取りにはケルヒャー

写真 天井は力が入りづらく均一に清掃しづらいです。溶剤を付け過ぎるとシミやムラの原因になり目立ちますので注意が必要です。汚れたら擦らず押し当てて取る方法が良いと思います。写真はケルヒャーを使って玉ちゃんが作業しています。

歯ブラシ

写真 クリーニングで意外と活躍するのがブタ毛の歯ブラシです。 適度の固さが生地を傷めず、細かい作業ができます。

内張り 神業テクニック!

写真 内張りのプラスチック部分も手あかと油脂で汚れてきます。 固い毛のブラシで溶剤を使いながら根気よく落とします。すっかりキレイになったら、ここで固く絞ったタオルにCRC556を少し吹きかけ内張りを拭きあげると新車の質感が出ます。 お試しあれ!

普段のお手入れ

写真 いかがでしたか?参考になりましたか?かなり面倒だと思います(笑)ご自身の車であればここまでの作業は必要ありませんね。普段、フロアマットに付いた泥やホコリを落として置くだけで、かなり車内の汚れが軽減されます。また車内で食べ物のカスが悪臭の原因となりますのでこぼれたら掃除機で吸い取ることです。車内をキレイにしておくことが安全運転につながります! ★どうしてもって時にはご連絡くださいね!